はしぐちしん   1967年生まれ。1990年松田正隆主宰の「時空劇場」旗揚げに参加。1991年バイク事故により脊椎を損傷。以後車椅子俳優として活躍。
劇作家としては、劇団を組まず、ユニットの形で作品を発表していたが、2004年にコンブリ団を結成
はせひろいち 劇作家、演出家、劇団ジャブジャブサーキット代表。岐阜大学卒業。元新聞社勤務という経歴を持ち、書き下ろした戯曲は100本を越す。1998年松原・若尾記念演劇賞。1999年劇作家協会新人戯曲優秀賞。2000年岐阜市芸術文化奨励賞。2003年名古屋市文化奨励賞。2007年岐阜県文化奨励賞など。日本劇作家協会員。日本演出者協会員
秦 建日子
(はた たけひこ)
小説家・劇作家・演出家・シナリオライター・映画監督。1968年1月8日生まれ。早稲田大学法学部卒。金融会社の社員として働く傍ら、劇作家・つかこうへいに師事。1997年に脱サラ、専業の作家活動に入る。2001年に連続ドラマ『HERO』に脚本参加。2004年には「推理小説』で、小説家デビュー。同作は『アンフェア』として連続ドラマ・映画化され大ヒットとなった。2016年、映画『クハナ!』で映画監督デビュー。これまでの主な作品に、小説『サイレント・トーキョー』『刑事 雪平夏見シリーズ』脚本『HERO』『チェケラッチョ!!』『ドラゴン桜』『天体観測』『そして、誰もいなくなった』『ルパン三世グッバイ・パートナー』、映画監督作品『キスできる餃子』『ブルーヘブンを君に』、などがある。
林慎一郎 

林慎一郎2

 1977年北海道生まれ。04年、伊丹想流私塾にて、北村想に師事。07年より個人プロデュース「極東退屈劇場」発足
樋口ミユ1
樋口ミユ2
(美友喜) 
 劇作家・演出家。
1975年4月6日、京都生まれ。“劇団Ugly duckling”旗揚げ以降、解散までの劇団公演32作品の戯曲を執筆する。劇団解散後は、座・高円寺の劇場創造アカデミー演出コースに編入、2012年に“plant M”を立ち上げる。大阪、東京、横浜、いろんなところにフットワーク軽く飛び回り各地で公演をしている
平塚直隆 昭和48年名古屋市生まれ・在住。劇作家・演出家・俳優。2001年プロジェクト・ナビ入団。以降、解散までほぼ全ての北村想作品に出演。並行して、はせひろいち氏に戯曲を学び劇作家の道へ。2005年劇団「オイスターズ」結成後、全ての作・演出を担当。
処女作『居酒屋のゆうれい』が北の戯曲賞佳作受賞。2009年には『はだか道』で、第4回仙台劇のまち戯曲賞大賞を受賞。続く2010年に『トラックメロウ』で第16回劇作家協会新人戯曲賞最優秀賞、さらに2012年には『豆』で第12回AAF戯曲賞優秀賞を受賞し、佳作の 男を完全脱出。演出家としても若手演出家コンクール最優秀賞を受賞するなど、実力を認められている