樋口ミユ(美友喜)


血潮、途切れることなく

生命と死と再生をめぐる叙事詩。
古屋敷の女主人、一匹の蚊、蝶、猫たちが、血の循環の中から、生きる「私」を見つけていく。
だが、その「私」は夢中の蚊なのか、蚊の見た夢なのか、血のめぐりをさまよって永遠の転生を続けているようにも見える。
いつものテーマである、戦争と滅亡のモチーフも現れる。

登場人物  女2、3人 400字原稿用紙換算約50枚


『あらわれるげきじょう 仙台最終稿』

核戦争のせいか大地震でも起きたのか、黒焦げになった地球から脱出する宇宙船に、ハハと息子のモクは乗った。ようやく乗れた。
その日からモクは一言も喋らない。
喋らないのは、何か大切なことを伝えようとするから。
メッセンジャーの「わたし」がやってくる。誰かから誰かへかけがえのないことを手渡す役目。
「あの日からじっとしっと黙ったのはね、いちばんさいしょ、僕らのいちばんさいしょを聞くために、唇閉  じたんだよ、母さん」

登場人物  男1人 女2人 400字原稿用紙換算約100枚


『あらわれるげきじょう 雲南最終稿』

地球の崩壊は近い。人々はロケットに乗って他の惑星へ次々と逃げていく。
だが、あえて脱出を拒む一人の妊婦がいる。
ほんとうに地球は消滅するのか。ほんとうに救いの星はあるのか。
地球規模の危機に、一体どの情報が信じられるというのか。
妊婦は、胎内の声に従い、妊婦が集うという広場へどこまでも歩いていこうとする。

登場人物  女2人 400字原稿用紙換算約90枚




第三次世界大戦が終了し、その荒廃を追うようにして地球規模の異変が襲いかかり、
地球は瓦解寸前である。
人々は救難船に乗り、他の惑星に移住するため次々と飛び立っていく。
しかし、その理由はさまざまだが、どうしても宇宙に逃げようとしない、わずかな人たちがいた。
通達員が、彼らの戸をたたき、執拗に繰り返す説得に、彼らのかけがえのない望みがほどかれていく
登場人物  男8人 女2人 400字原稿用紙換算約120枚




言葉を喋らない少年と、風船で腹を膨らませた擬似妊婦の女、言葉と騒音に満ちた都市の騒音の中で、言葉を越えていこう、言葉を越えた言葉にたどり着きたいという作者の憧れが作品を成立させている
登場人物  男5人 女1人 400字原稿用紙換算訳156枚




チェーホフの「かもめ」変奏曲。
オリジナルのニーナと、その心の中の声を発する三人のニーナたち。
三人の言葉と心情は、現代の女性そのものだ。
それはニーナのアイデンティティ探求の旅であると同時に、
原作の「かもめ」を批評し、異化してゆくもう一つのチェーホフでもある
登場人物  男2人 女4人 400字原稿用紙換算227枚


泣いたら赤鬼 陽はまた昇り

映モニター上からゲーム感覚で戦争のできる近未来。アルバイトでデバイスにむかうアカギ。
たやすい人殺しの日常の中での、「ふつう」の生活感覚とはなにか。
アルバイトをやめたアカギは、住宅地の公園で、「ふつう」の人たちとのコミュニケーションを再構築しようとする
登場人物  男2人 400字原稿用紙換算85枚


スピンオフ 赤鬼の授業

新任の女教師と赤鬼が、授業のシミュレーションを試みながら、なぜ赤鬼は泣いたのか、あのお話のほんとうの意味を探ってゆく
登場人物  男1人 女1人 400字原稿用紙換算35枚


凜然グッドバイ

地球外生命の存在を探る宇宙探査・地球号のエピソードが、いずこかの戦地の国、世界の均衡を守る詩人の誕生の物語を挟んで展開する。詩人は、詩人になるのではない。生まれ落ちた時から詩人なのだ。このあたりまえだが、絶望的な真理をめぐるあまりにも切ない一編
登場人物  女2人 400字原稿用紙換算234枚