渡辺えり

著作権は放棄していません。

上演の際は、作者にご連絡のうえ、上演許可を必ずお取りください。

著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。


ファイルはPDF形式になっています。右クリックで、ダウンロードしてください。



お問い合わせ



『鯨よ、私の手の上に乗れ』 

入居者のほとんどが認知症の介護施設。
帰ってきた娘は、東京で演劇をして暮らしいてるが、施設からの母への待遇に不満を持ち一波乱ある。
母も実は少女の頃劇団に入っていた。彼女たちが上演できなかった幻の台本は、後半がちぎれていまはもうないが、
南洋の子供たちを救う巨大な潜水艦ブルー・ホエールのものだった。
それはまた、母親が少女時代に見た巨大な鯨の姿と重なる。
登場人物  男7人 女17人 その他数名 一人数役可  400字詰め原稿用紙換算約177枚





『深夜特急 めざめれば別の国』 

人はなぜ死ぬのだろう。
なぜ死を思うことをやめられないのだろう。
自殺した息子の死を受け入れられない親は、どうすれば息子を「ちゃんと死なせてやる」ことができるのか。
ぬぐうにぬぐえない心の痛みを鎮める切なすぎるレクイエム。
登場人物  男8人 女5人 その他数名 400字詰め原稿用紙換算約232枚





『夜の影  優しい怪談』 

真っ暗闇の夜には月明かりがない限り影さえ出来ない。そんな見えない影を持った姉と弟の物語。
「泡夫 お前が僕の影だろ?お前なんか踏んでやる!
 泡生 知らないの?泡夫くん、晴れてても出きそで出来ない夜の影踏みってさあ。
 この闇の中で君の影が踏めるのかい?」
切なくも、ぎりぎりの愛の異界が広がる。
登場人物  男7人 女5人 400字詰め原稿用紙換算約233枚





『月の上の夜』 

吉屋信子の小説を思わせる、三人の少女たちが可憐に湖畔に遊ぶ風景は、
いまわの際の老婆が垣間抱く夢なのか。だが、少女たちは老婆をその夢の世界へと誘いにくるではないか。
夢は現実と同じ重さをまとい、現実は夢と同じ地平にたゆたい、湖底に眠る美姫を目覚めさせる伝説と交差する。
登場人物  男2人 女6人 400字詰め原稿用紙換算約193枚




『花々の眠る部屋』 

舞台には小さな部屋の床を破って咲く一輪のキキョウ。
花キューピットの幸一が花を届けにやってくると、その部屋の住人たちは、幸一の忘れていた何かを思い起こさせ、
弟と思っていた昭次さえ、幸一が過去に捨ててきた自分の横顔と見え、弟は記憶の向こう側に消えていく……。
登場人物  男6人 女4人 400字詰め原稿用紙換算205枚





『ガーデン〜空の海、風の国』 
誰かが庭に水を撒いた。水は形をなし、原始の人を生み、ある物語を語り始めた──井森家では、
一人の少女の葬儀が始まろうとしていた。少女が落ちたという庭の古い井戸は、実は異空間への通り道だったのだ。
消して誰も見ることのできない"イモリ"の国で、少女が出会ったほんとうの家族とは……
登場人物  男9人 女14人 400字詰め原稿用紙換算327枚