北村 想


『最後の淋しい猫』

チンドン屋の少年・六は、眠り病におかされている。
だが彼は、眠っているのは世界の方で、自分ひとりが目覚めているのだ、と宣言する。
血の因習によって、家族という名の軛に縛られている少女を
解き放つ革命家として、たったひとりの、そして最後の猫として戦
おうとする
登場人物 男3人 その他数名 400字詰め原稿用紙換算127枚


『ただの自転車屋』

ある離島に映画の脚本を練るためにやってきた三人の男。
到着早々部屋のエアコンの壊れていることが分かり、修理のため人が呼ばれたのだが、
それは本業が自転車屋だという。とりとめもない会話が続くうちに、
いつしか抜き差しならないできごとの影が差してきて……
登場人物 男4人 400字詰め原稿用紙換算153枚


構成・脚本 北村 想 『アッシュ・チルドレン(ash children)』

特定の登場人物は、ない。
ただ「語る言葉」があるだけだ。
政治の言葉、経済の言葉、文芸の言葉、さまざまな言語が綴る現在の「世界」
登場人物 適宜 400字詰め原稿用紙換算68枚


『もろびとこぞりて』

3人の女優らしき女性が、カフェテラスでお茶を飲みながら、よもやまな会話を続けている。
そこにウェイターの女性が加わり、話はますます混乱していくが、突如物語は奇跡のようなアウフヘーベンをみせる 
登場人物 女3人 400字詰め原稿用紙換算142枚


『BUDORI 眠れぬ夏の月』

夏の病院」に立つ高い塔から、一人の少年が「BUDORI!」と叫びながら飛び降りた。
合わせ鏡のエピソードが、クラインの壺のように絡み合う  
登場人物 男6人 女4人 その他患者たち  400字詰め原稿用紙換算197枚


『THE DANCE AT DEATHE 踊子』

雪の閉ざされたホテルに、数体の黒焦げ死体が発見される。
ただ一人生き残った女はガソリンのタンクを抱えていた。
北村想が発するアンチミステリの傑作  
登場人物 男11人 女10人 そのほか踊り子たち 400字詰め原稿用紙換算207枚