生田萬
著作権は放棄していません。

上演の際は、作者にご連絡のうえ、上演許可を必ずお取りください。

著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。

ファイルはPDF形式になっています。右クリックで、ダウンロードしてください。



お問い合わせ
 もどる
つぎの作家たちへ 




『夜の子供』  
2016年9月、ある過去の記憶を幾度も幾度も漫画に描き続ける少女漫画家のヤスベー。
もうひとりのヤスベーが、その物語を明るい明るい未来に向けて描き進めようと現れる。
再生される家族の思い出は、あるはずだったもう一つの風景をあぶり出す。
切なくも、やりきれない、よみがえりと記憶のニジッセイキの漫画たち。
登場人物 24人 女8人 女役、男役、人物数がかなり自由な形で入れ替え可。四百字原稿用紙換算243枚





『夜の子供 2 やさしいおじさん』 伊丹AI・HALL上演版 
2016年9月、伊丹市AI・HALLで上演されたバージョン。
時代の変化に合わせて、後半に大幅な改変がなされている。
登場人物 14人 その他数名 女役、男役がかなり自由な形で入れ替え可。





『夜の子供 2 やさしいおじさん』  

少女漫画家のヤスベーは、いくら作品を書いても、いつも同じ話になってしまう。それは子供時代に体験したあ
る事件の記憶だ。どうにもならなかったある事件。でも、なんとかしたかったある事件。

「この劇は、追憶の世界である。
ただし、この劇にあっては、追憶はマンガと同義語である。追憶もマンガも同じように現実的ではないから、とい
うのではない。ここでいう追憶とは、現実の意識にともなっていつも新しく生まれかわるようなものであり、それは
肌身離さず持ち歩けるポケット・サイズのファンタズムなのである」 ―『夜の子供2』(白水社)まえがきより

登場人物 男7人 女5人 その他数名  400字詰め原稿用紙換算200枚
公演情報→newsへ