AI・HALLハイスクールプロデュース
                                      ■協力・伊丹市AI・HALL

著作権は放棄していません。

上演の際は、作者にご連絡のうえ、上演許可を必ずお取りください。

著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。




ファイルはPDF形式になっています。右クリックで、ダウンロードしてください。



お問い合わせ


 もどる



VOL.2  大塚雅史 『tomorrow 〜アシタは明日の風が吹く〜』

舞台は女子校の演劇部。
10人の部員たちは、時代劇、SFファンタジー、ホームドラマ、etcとやりたい芝居がそれぞれに、バラバラである。
全部を盛り込みながら脚本を作るのだが、稽古は混乱するばかりだ。
やがて、劇作担当の花田朋子が、自分たちの今をあらわす、社会に出てからも後悔のない、
私たちの「今」を表現しようと提案する。
登場人物  男0人 女10人 400字詰め原稿用紙換算181枚

大塚雅史(おおつか・まさし)
81966年生まれ。京都出身。関西大学演劇研究部『学園座』を経て、1990 年に劇団『ランニングシアターダッシュ』を旗揚げ。
解散後、演劇研究部『学園座』を経て、1990 年に劇団『ランニングシアターダッシュ』を旗揚げ。
主にスポーツを題材に、「熱くて泣ける青春エンターテイメント」と呼ばれたエネルギッシュで疾走感溢れる作品を次々と発表する。
また、独創的ライティングで、関西屈指の照明デザイナーとも呼び声高い。



VOL.1  土田英生 『空と私のあいだ』

とあるファミリーレストランの二階。四つのテーブルが置かれている。
テーブルにはそれぞれ数人の客。すべて女子高生である。
担任の教師や、テレビの二時間サスペンスに関する取り留めのない会話が交わされている。
しかしそれは、なんの価値もない会話でありながら、同時にかけがえのない一瞬の時間でもある。
私たちが持っていたあの、「なんだかよく分からない青春」の現在劇。
登場人物  男0人 女11人 400字詰め原稿用紙換算122枚

土田英生(つちだ・ひでお)

85年、立命館大学入学と同時に「立命芸術劇場むに入り、演劇を始める。89年に「B級プラクティス」を結成、91年に「MONO」と改名。
代表作に「約三十の嘘」などがある。




VOL.4  森澤匡晴 『リーダー』

高校三年生野球部の藪内直樹は、練習後の一人トレーニングをしている。だが彼は万年補欠である。
さよなら逆転ホームランを打つ自分を空想しながらバットを振っている。そこにあり合わせで集められた
チアリーダーの女の子たちが集まってくる。「できること」と「できないこと」をめぐる
ほろ苦い青春賛歌が始まる。
登場人物  男1人 女5人 400字詰め原稿用紙換算93枚

森澤匡晴(もりさわ・まさはる)

近畿大学法学部入学と同時に、演劇部覇王樹座に入部。1996年、演劇部の同期だった上田一軒と共に、スクエアを旗揚げ。
以後、劇団の座付作家であり、また看板俳優として全公演に出演。スクエアのキャプテン。




VOL.6  横山拓也 『ルート〜迷路における浮島の存在〜』

高校の卒業旅行に、沖縄に行きたいもの、北海道に行きたいもの、対立する二人の少女に、どっちでもいい派、
行きたくない派まで加わって、揉めに揉める。狂騒的で空っぽで切ないそれは青春の時間。
登場人物  男1人 女6人 400字詰め原稿用紙換算151枚

横山拓也(よこやま・たくや)1977年1月21日生まれ。大阪府出身。劇作家、演出家。2012年に個人ユニットiaku(いあく)を立ち上げる。
アンタッチャブルな題材を小気味良い関西弁口語のセリフで描き、他人の議論・口論・口喧嘩を覗き見するような会話劇を発表している。
「消耗しにくい演劇作品」を標榜し、全国各地で再演ツアーを精力的に実施。「エダニク」で第15回日本劇作家協会新人戯曲賞(2009)、
また「人の気も知らないで」で第1回せんだい短編戯曲賞大賞(2013)を受賞。http://www.yokoyama-iaku.com



VOL.8  小原延之 『鉄橋の上のエチュード』 

自転車のあふれる駐輪場で、サツキは友人マヤの自転車を探している。そこにキョウコが現れ、
サツキの体を心配する。数ヶ月前、ここから遠からぬ場所で列車の転覆事故があり、それ以来、
精神的外傷のためサツキは電車に乗ることはおろか駅に近づくことさえできなくなっていたのだ。
キョウコはサツキをさそい、駅の鉄橋に行き、電車を眺めながらリハビリしようという。
彼女たちの鉄橋の上でのエチュードが始まる……。2005年に起きた福知山線脱線事故をモチーフとしている。
登場人物 女6人  400字詰め原稿用紙換算137枚


小原 延之(こはら・のぶゆき)昭和43年、福井県生まれ。関西の老舗劇団、そとばこまち7代目座長を務め、退団後フリーの劇作家・演出家として活動。
平成17年、池田小事件を題材にした『丈夫な教室』(第12回OMS戯曲賞最終候補)で“社会派”の劇作家として高い評価を得る。
翌年、AI・HALLハイスクールプロデュースにおいて、福知山線脱線事故を題材とした『鉄橋の上のエチュード』を公演。
以降、AI・HALL+小原延之共同製作として、19年度より『nine』、『hunter』、『oasis』と三本の新作を作・演出、好評を博す。
第一作の『nine』は21年に劇団俳優座の本公演として東京・シアターΧで上演。また、『oasis』で第26回名古屋文化振興賞を受賞。



 もどる
次へ