高橋恵
著作権は放棄していません。

上演の際は、作者にご連絡のうえ、上演許可を必ずお取りください。

著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。

ファイルはPDF形式になっています。右クリックで、ダウンロードしてください。



お問い合わせ


 もどる
次へ


 『フローレンスの庭』 高橋恵

海が見える小さな港町。看護専門学校の一角にある小さな庭。
そこで学ぶ看護師たちも、それぞれの事情を抱え、それぞれの希望と屈託を抱いている人間だ。
彼女たちのヒューマンな日常を、群像劇として描く。 

高橋恵(たかはし・めぐみ)大阪府生まれ。劇作家・演出家。「虚空旅団」主宰。甲南女子大OGを中心に旗揚げし、2006年に現在の劇団名に改名。
2009年より伊丹想流私塾にて師範を務める。2015年に『誰故草』で第22回OMS戯曲賞大賞を受賞。
主な作品にアイホール+岩崎正裕共同製作『フローレンスの庭』、女性芸術劇場『光をあつめて』、メイシアタープロデュース『人恋歌〜晶子と鉄幹〜』など。
劇場プロデュース公演への書下ろしも多数手がける>
登場人物 男6人 女16人  400字詰め原稿用紙換算192枚




『赤い実』 高橋恵  

郊外の病院内に併設された研究センター。
感染症のマウスが出て、その棟の個体がすべて殺処分になる。
責任を肩代わりさせられる中間管理職の男。それをさらに肩代わりすると申し出るアルバイトの女性。
ワイルド「幸福の王子」のイメージが重なる、愛と命の寓話。

登場人物 女2人 男2人  四百字原稿用紙換算117枚



 もどる
次へ