鹿目由紀
著作権は放棄していません。


上演の際は、作者にご連絡のうえ、上演許可を必ずお取りください。

著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。


ファイルはPDF形式になっています。右クリックで、ダウンロードしてください。



お問い合わせ


 もどる
次へ
鹿目由紀 『だるい女』

小池みゆきという女がいました。
女は、いつもだるいだるいと言っていました。
結婚してなかなか子供ができないので、落ち込んでいました。
夫は、女に元気を出してもらおうと、他人の悲惨な話を聞くことにしました。
昔のだるさを思い出しました。
女は、人のうしろに立つ人、霊が見えると言います。
女のだるさはどこから来るのでしょう。
女のだるさはどこに行くのでしょう。
だるいってなんなのでしょう。
登場人物  男5人 女9人 400字原稿用紙換算166枚






 『ここまでがユートピア』 鹿目由紀 (第16回日本劇作家協会新人戯曲賞受賞作)

船も通わぬ離れ小島。そこに集められた男女は、政府の方針によるユートピア・プロジェクトのテストケースとして、
一人一国を建てることになる。独自の、10の建国ルールをうたい、手の届く範囲より接近することは禁じられる。
はじめこそ快適なライフスタイルだったが、次第に関係はゆがみだし……

登場人物 男8人 女7人 400字詰め原稿換算約200枚




『パラドックス・ジャーニー』

パラドックス、そんなこの世の矛盾をなくしたい俺。というヴィジョンを見る「俺」。というヴィジョンを見る俺、をヴィジョンに見る俺は、
「パラドックスを越えた向こう側」への旅に出る。
いつかそれは、亡き祖父と、危篤の床にいる祖母に会うための道行きとなる。
場面のめまぐるしく切り替わる、パラドックスに満ちたスリリングな作品。

登場人物 男4人 女7人 400字詰め原稿換算約198枚