樋口ミユ

著作権は放棄していません。


上演の際は、作者にご連絡のうえ、上演許可を必ずお取りください。

著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。


ファイルはPDF形式になっています。右クリックで、ダウンロードしてください。



お問い合わせ


 もどる
次へ


樋口ミユ 『荒地に立つ』

言葉を喋らない少年と、
風船で腹を膨らませた擬似妊婦の女、
言葉と騒音に満ちた都市の騒音の中で、
言葉を越えていこう、言葉を越えた言葉にたどり着きたいという作者の憧れが作品を成立させている。
登場人物  男5人 女1人 400字原稿用紙換算訳156枚






樋口ミユ 『ニーナ会議 「かもめ」より』

チェーホフの「かもめ」変奏曲。
オリジナルのニーナと、その心の中の声を発する三人のニーナたち。
三人の言葉と心情は、現代の女性そのものだ。
それはニーナのアイデンティティ探求の旅であると同時に、
原作の「かもめ」を批評し、異化してゆくもう一つのチェーホフでもある。
登場人物  男2人 女4人 400字原稿用紙換算227枚






樋口ミユ 『スピンオフ 赤鬼の授業』

新任の女教師と赤鬼が、授業のシミュレーションを試みながら、
なぜ赤鬼は泣いたのか、
あのお話のほんとうの意味を探ってゆく。
登場人物  男1人 女1人 400字原稿用紙換算35枚






樋口ミユ 『泣いた赤鬼、陽はまた昇り』

モニター上からゲーム感覚で戦争のできる近未来。アルバイトでデバイスにむかうアカギ。
たやすい人殺しの日常の中での、「ふつう」の生活感覚とはなにか。
アルバイトをやめたアカギは、住宅地の公園で、「ふつう」の人たちとのコミュニケーションを再構築しようとする。
登場人物  男2人 400字原稿用紙換算85枚






樋口ミユ 『凜然グッドバイ』

地球外生命の存在を探る宇宙探査・地球号のエピソードが、
いずこかの戦地の国、世界の均衡を守る詩人の誕生の物語を挟んで展開する。
詩人は、詩人になるのではない。生まれ落ちた時から詩人なのだ。
このあたりまえだが、絶望的な真理をめぐるあまりにも切ない一編。

登場人物  女2人 400字原稿用紙換算234枚






樋口ミユ 『君ヲ泣ク』

子供のころ夢見た未来と、現実の未来とのズレを描く。
三人姉妹とその弟の一家の物語。
近い未来、日本は戦争に突入するだろう。きっと男たちはふたたび銃を手にするだろう。
その時三人姉妹はどう生きるのだろうか。
登場人物  男1 女3人 400字原稿用紙換算232枚






樋口ミユ 『くりすます ひとつぶ くださいな』

いっぴきぽっちのペンギンと、大きな氷になりたい氷のかけらが、
クリスマスを探して冒険の旅に出た。

登場人物  男女いずれでも5人 400字原稿用紙換算47枚






樋口ミユ 『紙の船、濡れながら大海を往く』

ここに、「僕」と「あたし」と「作家」がいる。「僕」は過去を、「あたし」は現在を、
それぞれ生きている。「作家」は現在の「あたし」と過去の「僕」を行き来しながら、父親との確執を書き留めようとする。
朽ちない船はない。けれど、もっとも脆い紙の船であるあたしは、朽ちることを知りながら、大いなる海を往く。
登場人物  男4人 女4人 ほか数名 400字詰め原稿用紙換算131枚






樋口ミユ 『血、きってみる』

父親の葬儀の日、男はデリバリー・ガールを呼び、浴槽で、「父上どの。あの火葬場で焼かれたのは俺のほうやったんちゃうか」
と、つぶやいた。バスタブからのぼってくる水泡のように、ひっきりなしに過去と現在と未来が立ち現れ、
男は自分が一体誰なのか、妄想する。しかし、望みとはうらはらに、彼はむなしく快楽の中に沈んでいくのだった。
登場人物  男5人 女4人 400字詰め原稿用紙換算116枚







樋口ミユ 『aftershock』

近未来。なにか大災害が起きたのだろう。町はスラム化し、浮浪者はあふれ、送電も途絶えて
自転車による人力発電に世界は頼っている。
自転車を必死にこぐ労働者は、しかし最低賃金にあえぐ底辺の生活に閉じ込められている……。
登場人物 女1人 男2人 400字詰め原稿用紙換算168枚







樋口ミユ 『if you are happy and →』

舞台には「幸せなら手をたたこう」という歌をハミングするイタコの老婆がいる。
身ごもった妻を交通事故で失った男は、哀しみのどん底にいながら、笑いをとめることができず、
妻と出会う前のしかめっ面した自分を探しに出かける。
現実を生々しい現実と感じられる場所はどこにあるのか。
登場人物  男5人 女4人 400字詰め原稿用紙換算150枚







樋口ミユ 『WWW』

大災害のあと、
今は消え去ったといわれる黒い髪と黒い瞳の国をたずねて男が廃墟にやって来る。
そこにある一体のミイラは、涅槃の姿で横たわっていた。
やがてあらわれる白い女たちは、もうなくなった日常の風景を生き始める。
登場人物  男2人 女5人 400字詰め原稿用紙換算150枚





 もどる