虚空文庫

自由にダウンロードしていただける戯曲のページです。


著作権は放棄していません。


上演の際は、メールをお寄せの上、上演許可をお取りください。


著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。


アクセスカウンター
























お問い合わせ


 もどる
つぎの作家たちへ 





幸田真洋のページ
1977年生まれ、福岡県出身。高校演劇部にて演劇と出会い、高校一年生の末より劇作と演出を始める。高校卒業後、同級生と共に劇団を結成、三作品の脚本・演出を担当。二年で同劇団を退団し、新しく劇団HallBrothersを立ち上げる。以後、現在までに41本のオリジナル作品を創作。ねたみ・そねみ・ひがみなどの「目を背けたいが誰もが持ちうるネガティブな感情」を見つめた作品を、重くなり過ぎず、あくまで軽妙な会話劇で表現することを信条としている。2014年『となりの田中さん』で第六回九州戯曲賞大賞受賞。




樋口ミユのページ   

京都府出身。劇作家、演出家、俳優。劇団「Uguly duckling」解散までの32本の戯曲を書く。現在は個人ユニット「Plant M」として、大阪・東京での公演を中心に活動。カフェギャラリー「can tutku」、アートスペース「cocoromi」のオーナーでもある。





岸田理生のページ

長野県岡谷市生まれ。1974年、演劇実験室「天井棧敷」入団。寺山修司の片腕として脚本執筆。1977年、並行して、早稲田大学演劇研究会、哥以劇場にて独自の演劇活動を開始。1983年「岸田事務所+楽天団」結成。その第1回公演「糸地獄」で岸田國士戯曲賞を受賞。1992年にはオーストラリア公演を成功させる。1993年劇団退団後は「国境を越える演劇シリーズ」を展開。アジア、特に韓国の演劇人との共同作業を始める。テレビ、映画のシナリオ、商業演劇の脚本を書く傍ら、シンガポールの演出家オン・ケンセンとの共同作業や、アジア女性演劇会議の実行委員長代行など、アジアの演劇人との交流をはかる。2001年、自宅で倒れ、闘病生活を送るも、2003年6月、永眠。





「AI・HALLハイスクールプロデュース」のページ   

「AI・HALLハイスクールプロデュース」とは、兵庫県伊丹市の小劇場「AIHALL」が企画したプロジェクト。関西で活躍する演劇人と現役高校生が一緒に芝居を創りあげ、出演者を演劇部のみならず、現役の高校生から一般公募するという形で、第一線で活躍する作家・演出家とともに、いわゆる高校演劇とは一線を画した、「高校生による現代演劇」を創るという、画期的な目標を掲げたプロジェクトである。これまでに9回の公演を数え、注目すべき9本の作品を世に送り出している。「虚空文庫」では、そのうち8本の戯曲を順次アップしていく予定。





渡辺えりのページ   
山形県出身。劇作家、演出家、女優、歌手。1978年〜98年まで「劇団3○○」を主宰。現在は劇団「宇宙堂」にて活躍。劇作家としては1983年「ゲゲゲのげ」で岸田戯曲賞、1987年「瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙」で紀伊国屋演劇賞、他多数の著書を持つ。死者と生者が同空間に現れ、現実と幻想の世界をリアルに表現する渡辺の世界は独特なファンタジーとして定評がある。2006年からは、一般に向けた演劇私塾「渡辺流演劇塾」を開塾し、また、関東学院大学客員教授に就任するなど、可能性ある若い世代への育成につとめる。
劇団活動の傍ら、「非戦を選ぶ演劇人の会」に参加。「反戦リーディング」という演劇人独特のアプローチで反戦を訴え続ける。




佐藤信のページ   
1943年 東京生まれ。早稲田大学第二文学部西洋哲学専修中退、劇団俳優座付属演劇研究所俳優座養成所を修了ののち、1966年 アンダーグラウンドシアター自由劇場を創立。1968年 演劇センター68/71(現、劇団黒テント)設立に加わり、1970年からは大型のテント劇場の中心的な演出家、劇作家として、1990年までの20年間、日本全国120都市におよぶ上演活動を展開。初期の代表作『喜劇昭和の世界 三部作』(1973年 -1979年)をはじめ、独特な幻想的文体によって社会や歴史を批評する戯曲を執筆。




生田萬のページ   
1949年生まれ。劇作家・演出家。東京生まれ。早稲田大学在学中に劇団を結「魔可魔可」を結成。市街劇「人力飛行機ソロモン」に出演。1981年妻の銀粉蝶とともに劇団「ブリキの自発団」を結成、P.K.ディックの小説を下敷きにした「ユービック」「ナンシー・トマトの三つの聖婚」などの一連のシリーズを展開した。キッチュでポップでノスタルジックな作風を特徴とし、80年代小劇場ブームの中で、「過去はいつでも新しく、未来は不思議に懐かしい」という名フレーズを生み出した。




鈴江俊郎のページ   
1963年 生まれ。劇作家、演出家、俳優。office 白ヒ沼代表。大阪出身。京都大学在学中から演劇活動をはじめる。京都を根拠地に活動する「劇団八時半」(結成'93年)主宰。 1995年『零れる果実』で第2回シアターコクーン戯曲賞を、同年『ともだちが来た』で第2回OMS戯曲賞受賞。1996年『髪をかきあげる』で第40回岸田國士戯曲賞。




高橋恵のページ   
高橋恵(たかはし・めぐみ)大阪府生まれ。劇作家・演出家。「虚空旅団」主宰。甲南女子大OGを中心に劇団「逆境VAND」旗揚げ。
06年に現在の劇団名に改名。伊丹想流私塾第4期にて北村想、岩崎正裕、深津篤史の薫陶を受ける。
これまでOMS戯曲賞の候補に『泡立つウルエ』(第7回)をはじめ、2014年度の『赤い実』(第21回)まで計8回選出される。
近年ではドーンセンター主催の女性芸術劇場への新作提供(『光をあつめて』)など、劇場プロデュース公演への書き下ろしも多数手がけ、伊丹想流私塾師範を勤めている。




 もどる
つぎの作家たちへ