虚空文庫

自由にダウンロードしていただける戯曲のページです。

著作権は放棄していません。


上演の際は、メールをお寄せいただくか、著者に御連絡の上、必ず上演許可をお取りください。




上演許可申請の方法  北村想の場合です。参考にしてください



著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。




人名索引

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   を

   ん
アクセスカウンター



作中には、差別と取られかねない表現もあるかも知れませんが、作品の内容にかんがみ、原則として原文のままとしました


NEWS!






新刊案内






次回アップ予定
平塚直隆
「豆」
五月末











お問い合わせ
 もどる
次へ


北村想のページ
1952年7月生まれ。日本の劇作家・演出家。1979年、劇団「TPO師★団」を旗揚げ。その後、1982年に「彗星 '86」、1986年に「プロジェクト・ナビ」と名前を変えながら劇団として活動を続けてきた。1979年の『寿歌』を含む書籍『不・思・議・想・時・記』を、「名古屋プレイガイドジャーナル社」から半自費出版で刊行し、岸田國士戯曲賞候補となり、注目される。1984年に、『十一人の少年』で第28回岸田國士戯曲賞受賞。その他にも、1990年に『雪をわたって…第二稿・月の明るさ』なにて第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞している。代表作として『想稿・銀河鉄道の夜』『悪魔のいるクリスマス』などがある。2014年、『グッドバイ』で第17回鶴屋南北戯曲賞受賞。



岡本螢のページ
1956年、東京日本橋生まれ。日大芸術学部卒。19歳の時に書いた戯曲『半変化束恋道中(はんばけおたばこいのみちゆき)』で劇団テアトル・エコー創作戯曲賞に入選。その後、三年連続で同劇団に江戸物ミュージカルを書きおろす。同時に、コミックの原作を書き、1987年より週刊明星で連載された『おもひでぽろぽろ』が宮崎駿プロデュース・高畑勲監督でアニメ映画化され、1992年度日本アカデミー賞特別賞を受賞する。1990年より『あなただけ今晩はプロデュース』と銘打って自作の演劇プロデュースを開始。2011年より、江戸を舞台に、十三歳の少女の七つの物語『十三なゝつ』シリーズ(オーディオドラマライブ)を開始。


劇団「青い鳥」のページ
1974年、新劇の養成所で知り合った女性6人で結成。現在は創立メンバー、天光眞弓、芹川藍、葛西佐紀を含め、10名の女性で構成されている。創立当初、全員が役者志望で、作家、演出家がいなかったため、1990年初めまでは劇作、演出を役者全員で行うという独自の創作方法で作品を作り上げた。作・演出のペンネームは「市堂令」。これは「皆でやる」という意味。女性だけのキャストですので、高校演劇の上演台本にも最適かもしれません。


鈴木アツトのページ
慶応大学卒。2003年、劇団印象(いんぞう)-indian elephant-を旗揚げ。以降、全作品の作・演出を担当。「遊びは国境を越える」という信念の元、“遊び”から生まれるイマジネーションによって、言葉や文化の壁を越えて楽しめる作品を創作している。2010年より韓国演劇人との演劇交流を始め、2012年、「匂衣(におい)〜The blind andthe dog〜」が密陽夏公演芸術祝祭、居昌国際演劇祭に、「青鬼」がD.Festa(大学路小劇場祝祭)に招聘され、韓国で上演。「グローバル・ベイビー・ファクトリー」で第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補。「青鬼」で若手演出家コンクール2012優秀賞と観客賞を受賞。


はせひろいちのページ
劇作家、演出家、劇団ジャブジャブサーキット代表。岐阜大学卒業。元新聞社勤務という経歴を持ち、書き下ろした戯曲は100本を越す。1998年松原・若尾記念演劇賞。1999年劇作家協会新人戯曲優秀賞。2000年岐阜市芸術文化奨励賞。2003年名古屋市文化奨励賞。2007年岐阜県文化奨励賞など。日本劇作家協会員。日本演出者協会員。


「OMS戯曲賞受賞作家」のページ
OMS戯曲賞とは
2003年に閉館した大阪の複合文化施設「扇町ミュージアムスクエア」の開設10周年を機に、1994年にスタートした戯曲賞。大阪ガス株式会社主催。関西若手劇作家の育成と、演劇文化の発展を祈り22年の歩みを記している。松田正隆、深津篤史、鈴江俊郎、内藤裕敬など、輩出された劇作家は数多く、大阪、京都の実力派として、小劇場演劇の中心となって活躍している。


「OMS戯曲賞番外地」
戯曲賞の選にはもれたものの、葬るにはあまりにも惜しい作品を、編集人の強いおすすめとして、秘蔵の筺にしまう。


オノマリコのページ
劇作家。神奈川県藤沢市出身。東京女子大学文理学部哲学科卒。海の近くで育つ。哲学と短歌を好み、演劇とは無縁の学生生活を過ごす。卒業後、詩の出版社に入社し、退社。その後、ぽつりぽつりと戯曲を書き始める。代表作は『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』(2015年シアタートラム・ネクストジェネレーションvol.7に選出)、一人芝居『三月十一日の夜のはなし』(第1回せんだい短編戯曲賞最終候補)など。瑞々しく、色彩豊かなセリフを特徴とする。言葉で時空間を飛び越え、スケールの大きな劇世界を作る。演劇ユニット「趣向」主宰。「長島確のつくりかた研究所」研究員。



 もどる
次へ


2018年06月15日 コンピュータの不調のため、更新が滞っています。なるたけ早く次作をアップします。お許しください。


2018年05月20日 樋口ミユ「荒地に立つ」アップしました。


2018年05月16日 「新刊案内」 更新しました


2018年05月05日 news欄更新しまた。「東松山戯曲賞」の募集について


2018年04月29日 樋口ミユ「ニーナ会議 「かもめ」より」 アップしました。


2018年04月26日 news欄更新しました


2018年04月11日 樋口ミユ「泣いた赤鬼、日はまた昇り」、「スピンオフ 赤鬼の授業」アップしました。


2018年04月10日 人名索引作りました。news欄、新刊案内、更新しました。


2018年02月06日 鹿目由紀「だるい女」アップしました。 news欄更新


2018年01月15日 渡辺えり「川を渡る夏」アップしました。


2017年12月24日 樋口ミユ「凜然グッドバイ」アップしました。


2017年11月16日 鹿目由紀「パラドックス・ジャーニー」アップしました


2017年10月26日 鹿目由紀のページを作りました。鹿目由紀作「ここまでがユートピア」をアップしました。


2017年08月15日 第22回OMS戯曲賞大賞・高橋恵「誰故草」、OMS戯曲賞のページにアップしました。


2017年07月26日 鈴江俊郎「牛乳で夜を染めたい」アップしました。


2017年07月25日 高橋恵のページを作りました。高橋恵「フローレンスの庭」再アップ。鈴江俊郎「牛乳で夜を染めたい」アップしました。


2017年06月01日 鈴江俊郎「わが子へ 自由を」アップしました。


2017年04月22日 渡辺えり「鯨よ、私の手の上に乗れ」アップしました。


2017年03月26日 渡辺えり「深夜特急 めざめれば別の国」リンク修正しました


2016年06月26日 ニュース欄を設けました