虚空文庫

自由にダウンロードしていただける戯曲のページです。

著作権は放棄していません。


上演の際は、メールをお寄せいただくか、著者に御連絡の上、必ず上演許可をお取りください。




上演許可申請の方法  北村想の場合です。参考にしてください



著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。




人名索引

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   を

   ん
アクセスカウンター



作中には、差別と取られかねない表現もあるかも知れませんが、作品の内容にかんがみ、原則として原文のままとしました


NEWS!






新刊案内




次回掲載予定
石原燃
はっさく
12月中頃






お問い合わせ
 もどる
次へ


小高知子のページ
1993年大阪府出身。京都府在住。
2014年伊丹想流私塾にて劇作をはじめる。2016年『さよならあかるい尾?骨』が第7回近松賞最終候補、
2019年『光の中で目をこらす』が第24回劇作家協会新人戯曲賞最終候補となる。


石原燃のページ
劇作家。劇団大阪創立40周年戯曲賞大賞、第24回テアトロ新人戯曲賞佳作。
2011年には原発事故直後の東京を描いた短編『はっさく』がNYのチャリティー企画「震災 SHINSAI:Thester for Japan」で取り上げられ、全米で上演された。
主な作品に、従軍「慰安婦」だった女性と「私」を描いた一人芝居『夢を見る』、
NHK番組改ざん事件を扱った『白い花を隠す』(同作品で演出の小笠原響氏が読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞)など。


川村毅のページ
東京都生まれ、横浜育ち。神奈川県立希望ヶ丘高等学校卒。明治大学政治経済学部在学中、1980年に劇団第三エロチカを結成、1986年には「新宿八犬伝 第一巻」で第30回岸田國士戯曲賞を受賞。1991年に映画「ラスト・フランケンシュタイン」の監督を務め、2002年に自作戯曲上演プロデュースカンパニー「T factory(ティーファクトリー)」を創立。2013年、『4』で第16回鶴屋南北戯曲賞、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。フィルムノアールや、ハードボイルドの香りを放つ世界に、力強いセリフで、差別、犯罪、戦争といった「大きな物語」を展開させる。主な著書に、『4』論創社、『川村毅戯曲集 2014‐2016』論創社、などがある。


高見亮子のページ   
劇作家。「かもねぎショット」代表。東京都生まれ。東京女子大学卒業。在学時より劇団早稲田小劇場(後のSCOT)に在籍。多数海外公演、利賀フェスティバルに参加。鈴木忠志演出『トロイアの女』などに出演。退団後、1989年にかもねぎショットに加わる。演劇作品とダンス作品を創作発表。1992年発表の『−新編−遠くを見る癖』が、日本劇作家協会主催の第1回新人戯曲賞最終ノミネート(『優秀新人戯曲集1996』ブロンズ社に収録)。以降、年に1〜2本のペースで書き下ろし新作を上演。2019年から、介護のため主催公演を休止中。他団体に戯曲を書き下ろしている。他に、囲碁観戦記者として、読売新聞などに観戦記を継続執筆中。


鈴江俊郎のページ   
1963年 生まれ。劇作家、演出家、俳優。office 白ヒ沼代表。大阪出身。京都大学在学中から演劇活動をはじめる。京都を根拠地に活動する「劇団八時半」(結成'93年)主宰。 1995年『零れる果実』で第2回シアターコクーン戯曲賞を、同年『ともだちが来た』で第2回OMS戯曲賞受賞。1996年『髪をかきあげる』で第40回岸田國士戯曲賞。


北村想のページ
1952年7月生まれ。日本の劇作家・演出家。1979年、劇団「TPO師★団」を旗揚げ。その後、1982年に「彗星 '86」、1986年に「プロジェクト・ナビ」と名前を変えながら劇団として活動を続けてきた。1979年の『寿歌』を含む書籍『不・思・議・想・時・記』を、「名古屋プレイガイドジャーナル社」から半自費出版で刊行し、岸田國士戯曲賞候補となり、注目される。1984年に、『十一人の少年』で第28回岸田國士戯曲賞受賞。その他にも、1990年に『雪をわたって…第二稿・月の明るさ』にて第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞している。代表作として『想稿・銀河鉄道の夜』『悪魔のいるクリスマス』などがある。2014年、『グッドバイ』で第17回鶴屋南北戯曲賞受賞。


故林広志のページ
1991年MONOの土田英生らとコントユニット「GOVERNMENT OF DOGS」を結成、関西を中心に演劇的なコントライブが定評を集め、落語・コメディの台本からテレビ・ラジオの構成、雑誌のコラムや演劇学校における脚本・演技の指導などを手がける。プロデュース公演やワークショップ(ユニットの活動サポート)もコンスタントに続け、現在は東京ヴォードヴィルショー大森ヒロシ演出によるコントライブの脚本を担当するほか、大学の講師なども歴任、表現やコミュニケーション/プレゼンテーションの授業など、教育活動にも力を入れている。


山本正典のページ
1982年生まれ。福井県鯖江市出身。1982年11月17日に病院で生まれる。血液型A型 身長180〜182cm(測定する場所により変動) 
体重4000グラム(生誕時。現在値は5年程まともに測ってない為不明) 好きな時間→夕方。 好きな作家→日本人とロシア人の方。 
好きな言葉→『ちょ、ちょ、ちょ』(興奮状態で相手側の静止を促す場面で使われる。) 好きな匂い→いい匂い。これ以上の事は、自分でも分かりません。
2004年7月 小劇場での活動を開始 2007年2月 劇団八時半『ここはむかし沼だった。しろく』に俳優として参加。
2007年4月 コトリ会議立ち上げ、劇作を開始する
2018年12月『あ、カッコンの竹』第25回OMS戯曲賞佳作を受賞。


しゅう史奈のページ
神戸市出身。兵庫県立ピッコロ演劇学校1期生。大学卒業後上京、1997年に小松幸作と共に劇団「海市工房」を旗揚げし、女優として出演しながら脚本を書き始める。現在、海市工房(かいしこうぼう)での創作のかたわら、ドラマや映画のシナリオライターとしても活動している。「あめ時計」で愛知県文化振興事業団主催AAF戯曲賞、「夜のキリン」でテアトロ新人戯曲賞佳作を受賞


前川麻子のページ
前川麻子(まえかわ・あさこ)1967年生まれ。映画「家族ゲーム」でスクリーンデビュー。18歳で劇団品行方正児童会を主宰し、
年間2本の劇団公演で作・演出を務めながら、外部出演では年間 14 本の舞台作品をこなすなど「小劇場界の藤山寛美」の異名をとった、80年代小劇場シーンの鬼才。
85年公開の主演映画「母娘監禁・牝」にて横浜映画祭最優秀新人賞を受賞。年間50本以上を観劇する演劇ファンと評論家が選ぶ「初日通信大賞」で主演女優賞。
情報誌「シティロード 年間ベストテン」では俳優・舞踊手部門において投票1位を獲得。
00 年に初めて書き上げた小説「鞄屋の娘」にて小説新潮長編新人賞を受賞し作家デビュー、著書多数。



岡本螢のページ
1956年、東京日本橋生まれ。日大芸術学部卒。19歳の時に書いた戯曲『半変化束恋道中(はんばけおたばこいのみちゆき)』で劇団テアトル・エコー創作戯曲賞に入選。その後、三年連続で同劇団に江戸物ミュージカルを書きおろす。同時に、コミックの原作を書き、1987年より週刊明星で連載された『おもひでぽろぽろ』が宮崎駿プロデュース・高畑勲監督でアニメ映画化され、1992年度日本アカデミー賞特別賞を受賞する。1990年より『あなただけ今晩はプロデュース』と銘打って自作の演劇プロデュースを開始。2011年より、江戸を舞台に、十三歳の少女の七つの物語『十三なゝつ』シリーズ(オーディオドラマライブ)を開始。


劇団「青い鳥」のページ
1974年、新劇の養成所で知り合った女性6人で結成。現在は創立メンバー、天光眞弓、芹川藍、葛西佐紀を含め、10名の女性で構成されている。創立当初、全員が役者志望で、作家、演出家がいなかったため、1990年初めまでは劇作、演出を役者全員で行うという独自の創作方法で作品を作り上げた。作・演出のペンネームは「市堂令」。これは「皆でやる」という意味。女性だけのキャストですので、高校演劇の上演台本にも最適かもしれません。


はせひろいちのページ
劇作家、演出家、劇団ジャブジャブサーキット代表。岐阜大学卒業。元新聞社勤務という経歴を持ち、書き下ろした戯曲は100本を越す。1998年松原・若尾記念演劇賞。1999年劇作家協会新人戯曲優秀賞。2000年岐阜市芸術文化奨励賞。2003年名古屋市文化奨励賞。2007年岐阜県文化奨励賞など。日本劇作家協会員。日本演出者協会員。


「OMS戯曲賞受賞作家」のページ
OMS戯曲賞とは
2003年に閉館した大阪の複合文化施設「扇町ミュージアムスクエア」の開設10周年を機に、1994年にスタートした戯曲賞。大阪ガス株式会社主催。関西若手劇作家の育成と、演劇文化の発展を祈り22年の歩みを記している。松田正隆、深津篤史、鈴江俊郎、内藤裕敬など、輩出された劇作家は数多く、大阪、京都の実力派として、小劇場演劇の中心となって活躍している。


「OMS戯曲賞番外地」
戯曲賞の選にはもれたものの、葬るにはあまりにも惜しい作品を、編集人の強いおすすめとして、秘蔵の筺にしまう。


オノマリコのページ
劇作家。神奈川県藤沢市出身。東京女子大学文理学部哲学科卒。海の近くで育つ。哲学と短歌を好み、演劇とは無縁の学生生活を過ごす。卒業後、詩の出版社に入社し、退社。その後、ぽつりぽつりと戯曲を書き始める。代表作は『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』(2015年シアタートラム・ネクストジェネレーションvol.7に選出)、一人芝居『三月十一日の夜のはなし』(第1回せんだい短編戯曲賞最終候補)など。瑞々しく、色彩豊かなセリフを特徴とする。言葉で時空間を飛び越え、スケールの大きな劇世界を作る。演劇ユニット「趣向」主宰。「長島確のつくりかた研究所」研究員。

 もどる
次へ
2019年11月26日 小高知子「さよならあかるい尾てい骨」、掲載しました

2019年11月04日 石原燃「人の香り」掲載しました。

2019年10月12日 川村毅「アーカイブス」掲載しました。news欄更新しました。

2019年09月05日 高見亮子(かもねぎショット)、「短編五本」アップしました。 はせひろいちのリンク切れ修正しました。

2019年08月19日 予告しました中村賢司の「追伸」は、既アップ作でしたので、鈴江俊郎の「川底にはみどりの魚がいる」をアップロードしました。あしからず。

2019年07月27日 北村想「最後の淋しい猫」アップロードしました。

2019年07月17日 故林広志「コント集2」アップしました。

2019年06月29日 山本正典「あたたかな北上」をアップロードしました。更新遅延お詫びします。

2019年06月04日 石原燃「父を葬る」アップロードしました。

2019年05月10日 故林広志「コント集」アップロードしました。

2019年04月27日 しゅう史奈「人魚の森」アップロードしました。 「OMS戯曲賞のページ」誤リンク訂正しました

2019年04月07日 前川麻子「台所純情」をアップロードしました。

2019年03月16日 鈴木アツト「グローバル・ベイビー・ファクトリー2」アップしました。

2019年03月02日 前川麻子「飛ばない教室」アップロードしました。

2019年02月07日 鈴木アツト「グローバル・ベイビー・ファクトリー」アップしました。

2019年01月27日 多々リンク切れを直しました。よろしくお付き合いください。「news」欄更新しました。

2018年12月29日 更新遅れてご迷惑をおかけします。伊東由美子「天使の誘惑」アップロードしました

2018年12月16日 大橋泰彦「マインド」アップしました。ニュース欄更新しました。

2018年11月22日 平塚直隆「トラックメロウ」アップしました。

2018年11月05日 前川麻子「平成駅前旅館」、しゅう史奈「夜のキリン」、アップロードしました。 news欄、新刊案内更新しました。

2018年10月18日 再びコンピュータ異常のため、更新が遅れています。お詫びいたします。

2018年09月17日 前川麻子「オーラスライン」アップロードしました。

2018年09月02日 しゅう史奈「天使の梯子」アップロードしました

2018年08月25日 「news」欄、「新刊案内」更新しました。

2018年07月25日 川村毅「フランケンシュタイン・バイブル」アップしました。