虚空文庫

自由にダウンロードしていただける戯曲のページです。

著作権は放棄していません。


上演の際は、メールをお寄せいただくか、著者に御連絡の上、必ず上演許可をお取りください。




上演許可申請の方法  北村想の場合です。参考にしてください



著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。




人名索引

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   を

   ん
アクセスカウンター



作中には、差別と取られかねない表現もあるかも知れませんが、作品の内容にかんがみ、原則として原文のままとしました


NEWS!






新刊案内





次回予定
前川麻子
飛ばない教室
2月下旬






お問い合わせ
 もどる
次へ

鈴木アツトのページ
慶応大学卒。2003年、劇団印象(いんぞう)-indian elephant-を旗揚げ。以降、全作品の作・演出を担当。「遊びは国境を越える」という信念の元、“遊び”から生まれるイマジネーションによって、言葉や文化の壁を越えて楽しめる作品を創作している。2010年より韓国演劇人との演劇交流を始め、2012年、「匂衣(におい)〜The blind andthe dog〜」が密陽夏公演芸術祝祭、居昌国際演劇祭に、「青鬼」がD.Festa(大学路小劇場祝祭)に招聘され、韓国で上演。「グローバル・ベイビー・ファクトリー」で第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補。「青鬼」で若手演出家コンクール2012優秀賞と観客賞を受賞。


樋口ミユのページ   

京都府出身。劇作家、演出家、俳優。劇団「Uguly duckling」解散までの32本の戯曲を書く。現在は個人ユニット「Plant M」として、大阪・東京・横浜での公演を中心に活動。
直感的なイメージとイメージを靱くしなやかにつなぎ止め、鮮やかに想像の沃野を浮かび上がらせるアクティブな作が特長。
演出においては、オブジェやダンスを取り入れて、観客の想像力を刺激する、知的な構成を身上とする。



伊東由美子のページ
東京都出身。 昭和58年2月、大橋泰彦とともに劇団「離風霊船」創立。主宰者・座付き作家・演出家。軽くスピード感のある台詞の応酬を身上としたエンタテインメント作家。
主な作品に「風の牛若丸」、「20世紀少年少女唱歌集」、「ランディ−おじさん」などがある。


大橋泰彦のページ
大橋 泰彦(1956年生まれ。劇団離風霊船(りぶれいせん)主宰。神奈川県横浜市出身。武蔵工業大学中退。1983年武蔵工大と実践女子大学の合同劇団の伊東由美子の誘いで離風霊船を創設。
1988年『ゴジラ』で岸田国士戯曲賞を受賞。現実に起きた事件をモチーフに「時世」に切り込んでいく社会派的な作品がの多い。大胆な舞台転換には定評があり、茶の間を一瞬にして事故現場と化したり、
壁が割れ大量の水が噴出したりと理工系の手腕が遺憾なく発揮される。


平塚直隆のページ
昭和48年名古屋市生まれ・在住。劇作家・演出家・俳優。2001年プロジェクト・ナビ入団。以降、解散までほぼ全ての北村想作品に出演。並行して、はせひろいち氏に戯曲を学び劇作家の道へ。2005年オイスターズ結成後、全ての作・演出を担当。処女作『居酒屋のゆうれい』が北の戯曲賞佳作受賞。以降、日本全国の戯曲賞で佳作を受賞、その他多数の作品が最終候補作となるなど、
ライトでドライな不条理劇で高い評価を受けてきた。2009年には『はだか道』で、第4回仙台劇のまち戯曲賞大賞を受賞。続く2010年に『トラックメロウ』で第16回劇作家協会新人戯曲賞最優秀賞、さらに2012年には『豆』で第12回AAF戯曲賞優秀賞を受賞し、佳作の 男を完全脱出。日本演出者協会会員。日本劇作家協 会東海支部・支部長。


前川麻子のページ
前川麻子(まえかわ・あさこ)1967年生まれ。映画「家族ゲーム」でスクリーンデビュー。18歳で劇団品行方正児童会を主宰し、
年間2本の劇団公演で作・演出を務めながら、外部出演では年間 14 本の舞台作品をこなすなど「小劇場界の藤山寛美」の異名をとった、80年代小劇場シーンの鬼才。
85年公開の主演映画「母娘監禁・牝」にて横浜映画祭最優秀新人賞を受賞。年間50本以上を観劇する演劇ファンと評論家が選ぶ「初日通信大賞」で主演女優賞。
情報誌「シティロード 年間ベストテン」では俳優・舞踊手部門において投票1位を獲得。
00 年に初めて書き上げた小説「鞄屋の娘」にて小説新潮長編新人賞を受賞し作家デビュー、著書多数。


しゅう史奈のページ
神戸市出身。兵庫県立ピッコロ演劇学校1期生。大学卒業後上京、1997年に小松幸作と共に劇団「海市工房」を旗揚げし、女優として出演しながら脚本を書き始める。現在、海市工房(かいしこうぼう)での創作のかたわら、ドラマや映画のシナリオライターとしても活動している。「あめ時計」で愛知県文化振興事業団主催AAF戯曲賞、「夜のキリン」でテアトロ新人戯曲賞佳作を受賞


川村毅のページ
東京都生まれ、横浜育ち。神奈川県立希望ヶ丘高等学校卒。明治大学政治経済学部在学中、1980年に劇団第三エロチカを結成、1986年には「新宿八犬伝 第一巻」で第30回岸田國士戯曲賞を受賞。1991年に映画「ラスト・フランケンシュタイン」の監督を務め、2002年に自作戯曲上演プロデュースカンパニー「T factory(ティーファクトリー)」を創立。2013年、『4 』で第16回鶴屋南北戯曲賞、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。暴力的で猥雑な世界の構築力に定評がある。主な作品に、、『ジェノサイド/ニッポン・ウォーズ 川村毅第一戯曲集』未來社、「新宿八犬伝 川村毅第二戯曲集』未來社 1985などがある。


北村想のページ
1952年7月生まれ。日本の劇作家・演出家。1979年、劇団「TPO師★団」を旗揚げ。その後、1982年に「彗星 '86」、1986年に「プロジェクト・ナビ」と名前を変えながら劇団として活動を続けてきた。1979年の『寿歌』を含む書籍『不・思・議・想・時・記』を、「名古屋プレイガイドジャーナル社」から半自費出版で刊行し、岸田國士戯曲賞候補となり、注目される。1984年に、『十一人の少年』で第28回岸田國士戯曲賞受賞。その他にも、1990年に『雪をわたって…第二稿・月の明るさ』にて第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞している。代表作として『想稿・銀河鉄道の夜』『悪魔のいるクリスマス』などがある。2014年、『グッドバイ』で第17回鶴屋南北戯曲賞受賞。



岡本螢のページ
1956年、東京日本橋生まれ。日大芸術学部卒。19歳の時に書いた戯曲『半変化束恋道中(はんばけおたばこいのみちゆき)』で劇団テアトル・エコー創作戯曲賞に入選。その後、三年連続で同劇団に江戸物ミュージカルを書きおろす。同時に、コミックの原作を書き、1987年より週刊明星で連載された『おもひでぽろぽろ』が宮崎駿プロデュース・高畑勲監督でアニメ映画化され、1992年度日本アカデミー賞特別賞を受賞する。1990年より『あなただけ今晩はプロデュース』と銘打って自作の演劇プロデュースを開始。2011年より、江戸を舞台に、十三歳の少女の七つの物語『十三なゝつ』シリーズ(オーディオドラマライブ)を開始。


劇団「青い鳥」のページ
1974年、新劇の養成所で知り合った女性6人で結成。現在は創立メンバー、天光眞弓、芹川藍、葛西佐紀を含め、10名の女性で構成されている。創立当初、全員が役者志望で、作家、演出家がいなかったため、1990年初めまでは劇作、演出を役者全員で行うという独自の創作方法で作品を作り上げた。作・演出のペンネームは「市堂令」。これは「皆でやる」という意味。女性だけのキャストですので、高校演劇の上演台本にも最適かもしれません。


はせひろいちのページ
劇作家、演出家、劇団ジャブジャブサーキット代表。岐阜大学卒業。元新聞社勤務という経歴を持ち、書き下ろした戯曲は100本を越す。1998年松原・若尾記念演劇賞。1999年劇作家協会新人戯曲優秀賞。2000年岐阜市芸術文化奨励賞。2003年名古屋市文化奨励賞。2007年岐阜県文化奨励賞など。日本劇作家協会員。日本演出者協会員。


「OMS戯曲賞受賞作家」のページ
OMS戯曲賞とは
2003年に閉館した大阪の複合文化施設「扇町ミュージアムスクエア」の開設10周年を機に、1994年にスタートした戯曲賞。大阪ガス株式会社主催。関西若手劇作家の育成と、演劇文化の発展を祈り22年の歩みを記している。松田正隆、深津篤史、鈴江俊郎、内藤裕敬など、輩出された劇作家は数多く、大阪、京都の実力派として、小劇場演劇の中心となって活躍している。


「OMS戯曲賞番外地」
戯曲賞の選にはもれたものの、葬るにはあまりにも惜しい作品を、編集人の強いおすすめとして、秘蔵の筺にしまう。


オノマリコのページ
劇作家。神奈川県藤沢市出身。東京女子大学文理学部哲学科卒。海の近くで育つ。哲学と短歌を好み、演劇とは無縁の学生生活を過ごす。卒業後、詩の出版社に入社し、退社。その後、ぽつりぽつりと戯曲を書き始める。代表作は『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』(2015年シアタートラム・ネクストジェネレーションvol.7に選出)、一人芝居『三月十一日の夜のはなし』(第1回せんだい短編戯曲賞最終候補)など。瑞々しく、色彩豊かなセリフを特徴とする。言葉で時空間を飛び越え、スケールの大きな劇世界を作る。演劇ユニット「趣向」主宰。「長島確のつくりかた研究所」研究員。


 もどる
次へ


2019年02月07日 鈴木アツト「グローバル・ベイビー・ファクトリー」アップしました。

2019年01月27日 多々リンク切れを直しました。よろしくお付き合いください。「news」欄更新しました。

2018年12月29日 更新遅れてご迷惑をおかけします。伊東由美子「天使の誘惑」アップロードしました

2018年12月16日 大橋泰彦「マインド」アップしました。ニュース欄更新しました。

2018年11月22日 平塚直隆「トラックメロウ」アップしました。

2018年11月05日 前川麻子「平成駅前旅館」、しゅう史奈「夜のキリン」、アップロードしました。 news欄、新刊案内更新しました。

2018年10月18日 再びコンピュータ異常のため、更新が遅れています。お詫びいたします。

2018年09月17日 前川麻子「オーラスライン」アップロードしました。

2018年09月02日 しゅう史奈「天使の梯子」アップロードしました

2018年08月25日 「news」欄、「新刊案内」更新しました。

2018年07月25日 川村毅「フランケンシュタイン・バイブル」アップしました。