平塚直隆

著作権は放棄していません。


上演の際は、作者にご連絡のうえ、上演許可を必ずお取りください。

著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。

ファイルはPDF形式になっています。右クリックで、ダウンロードしてください。



お問い合わせ


 もどる
次へ


『豆』 平塚直隆

「僕」のいない昼間の時間、友人の星野と部屋をシェアすることになった。連絡帳を作るが、たった一言のやり取りが三日かかる。そんな時「僕」はかなこさ
んとお見合いをした。当日一言も口をきいてくれなかったのに、「僕」はかなこさんに付け回されるようになり、とうとう「ぼく」の部屋までついてきたくせに、や
っぱり何も喋らないので不気味だ。ゆるいセリフとシュールな状況が生み出す歪んでファニーな世界。


登場人物 男5人 女3人 400字詰め原稿用紙約120枚