協力■大阪ガス株式会社
   ■小堀純

OMS戯曲賞番外地 

著作権は放棄していません。

上演の際は、メールをお寄せの上、上演許可を必ずお取りください。

著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。




ファイルはPDF形式になっています。右クリックで、ダウンロードしてください。











お問い合わせ



 もどる




横山拓也「エダニク」

東京近県のとある小さな屠場、ミート丸元。研磨室兼休憩室で沢村と玄田が休んでいる。
そこへ牛の延髄が紛失したというニュースが流れ込んでくる。延髄は狂牛病の検査にまわす重要な部位で、
作業のラインをとめて全員で探しているという。
しかも、紛失させた柳が行方不明で責任を感じて何をしでかすか分からないとも……  
登場人物 男3人 400字詰め原稿用紙換算157枚

横山拓也(よこやま・たくや)1977年1月21日生まれ。大阪府出身。劇作家、演出家。2012年に個人ユニットiaku(いあく)を立ち上げる。アンタッチャブルな題材を小気味良い関西弁口語のセリフで描き、
他人の議論・口論・口喧嘩を覗き見するような会話劇を発表している。「消耗しにくい演劇作品」を標榜し、全国各地で再演ツアーを精力的に実施。「エダニク」で第15回日本劇作家協会新人戯曲賞(2009)、
また「人の気も知らないで」で第1回せんだい短編戯曲賞大賞(2013)を受賞。http://www.yokoyama-iaku.com





魔人ハンターミツルギ「鶴に恩返し 例えば火の鳥の飲む麦茶」

人に永遠の命をさずけるという火の鳥、幸福をもたらすという青い鳥、
「幸せ」とはなんだろう。幸福を探してやまないすべての人間の姿を、まじめにチャカして考える、笑える「幸福論」。
登場人物 29人(含男女入れ替え可)  その他数名 400字詰め原稿用紙換算1159枚

魔人ハンターミツルギ(まじんはんたー・ミツルギ)1968年生まれ。劇作家、演出家、役者。劇団『超人予備校』主宰。1992年劇団『遊気舎』に入団し、
2004年まで在籍。在籍中、第2回アルカリ創作落語台本コンクール最優秀作品賞受賞。2005年『超人予備校』旗揚げ。
以来、現在まで全作品の作・演出を手掛ける。2013年朗読ユニット『ミツかね堂』を開始する。
ラジオドラマ、童話、落語台本、イベント構成、外部への台本提供や構成・演出、また、東京でのイベント出演や2度のアメリカ公演で作品を発表している。



 もどる