虚空文庫

自由にダウンロードしていただける戯曲のページです。


著作権は放棄していません。


上演の際は、メールをお寄せの上、上演許可をお取りください。


著作権保護のため、ファイルは印刷不可になっています。台本作りなどプリントアウトの必要のある方は、上演許可願い等を添付のうえ、メールでお問い合わせ下さい。


アクセスカウンター
























お問い合わせ


 もどる
次へ 




鹿目由紀のページ   
鹿目由紀(かのめゆき)福島県会津若松市出身。劇作家・演出家・俳優。劇団「あおきりみかん」主宰。
人間の内面世界を奇抜なシチュエーションの中で身体的に表現しながら、
その中で起こる会話と関係の「ずれ」を駆使した独自の喜劇性が高く評価され、外部脚本、外部演出も多数。テレビドラマ、ラジオドラマ、新聞コラム連載などでも幅広く活動。
2008年、日本劇作家協会東海支部プロデュースの短編芝居コンクール「劇王」で、四年連続優勝し、前人未踏の四連覇。『劇帝』の称号を得る。
日本演出者協会若手演出家コンクール優秀賞など、全国の戯曲賞・演出家コンクールなどで受賞多数。
日本劇作家協会東海支部・事務局長。 日本演出者協会会員。 愛知県立芸術大学/大学院・非常勤講師。



生田萬のページ   
1949年生まれ。劇作家・演出家。東京生まれ。早稲田大学在学中に劇団を結「魔可魔可」を結成。市街劇「人力飛行機ソロモン」に出演。1981年妻の銀粉蝶とともに劇団「ブリキの自発団」を結成、P.K.ディックの小説を下敷きにした「ユービック」「ナンシー・トマトの三つの聖婚」などの一連のシリーズを展開した。キッチュでポップでノスタルジックな作風を特徴とし、80年代小劇場ブームの中で、「過去はいつでも新しく、未来は不思議に懐かしい」という名フレーズを生み出した。




鈴江俊郎のページ   
1963年 生まれ。劇作家、演出家、俳優。office 白ヒ沼代表。大阪出身。京都大学在学中から演劇活動をはじめる。京都を根拠地に活動する「劇団八時半」(結成'93年)主宰。 1995年『零れる果実』で第2回シアターコクーン戯曲賞を、同年『ともだちが来た』で第2回OMS戯曲賞受賞。1996年『髪をかきあげる』で第40回岸田國士戯曲賞。




高橋恵のページ   
高橋恵(たかはし・めぐみ)大阪府生まれ。劇作家・演出家。「虚空旅団」主宰。甲南女子大OGを中心に劇団「逆境VAND」旗揚げ。
06年に現在の劇団名に改名。伊丹想流私塾第4期にて北村想、岩崎正裕、深津篤史の薫陶を受ける。
これまでOMS戯曲賞の候補に『泡立つウルエ』(第7回)をはじめ、2014年度の『赤い実』(第21回)まで計8回選出される。
近年ではドーンセンター主催の女性芸術劇場への新作提供(『光をあつめて』)など、劇場プロデュース公演への書き下ろしも多数手がけ、伊丹想流私塾師範を勤めている。



 もどる
つぎの作家たちへ