新刊案内




◆新刊案内◆

★『維新派・松本雄吉』

2006年i惜しまれつつ亡くなった松本雄吉の遺稿集である。

松本は、パフォーマンス集団「維新派」を主宰し、

毎公演、まっさらな空き地に巨大な伽藍を立てるという信じがたいような営為から芝居作りを始める、

驚異的な表現者だった。

本書は、折々にメディアに発表した文章を収録した書籍であり、交友のあった人物から寄稿を受ける特集風の

本でないところが何よりの魅力だ。まさしく松本の「著書」である。

文章からは、漂泊の詩人、全身芸術家の、横顔がひしひしと伝わってくる。

松本雄吉 著
4600円+税 リトルモア

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

★『風の演劇:評伝別役実』

日本のベケットとも称賛され、はじめてわが国の不条理演劇を確立、発展させてきた偉大な劇作家の半生を、

日本経済新聞編集委員である著者が、7年間にわたるロングインタビューや周辺取材をもとに、

畏敬の念を込めて書き下ろした力作評伝。

別役実は満洲で生まれ、敗戦とともに実家のある高知へと引き揚げてきた。

別役作品の多くに登場する電信柱とベンチ、そこに吹く風は、少年時代の原風景といってもいい。

著者は豊富なエピソードを紹介しながら、演劇のみならず、童話や歌詞、エッセイなども含め、

別役実の全身像に迫る。

内田洋一 著
4,536円 白水社

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

★『松竹と東宝〜興行をビジネスにした男たち〜』

「松竹」は創業者である白井松次郎と大谷竹次郎という双子の名前を合わせたものだ。

「東宝」は東京宝塚にちなんだものであり、宝塚歌劇団に端を発する。

本書は松竹兄弟と東宝、宝塚を含む阪急グループの創業者の小林一三をめぐるノンフィクションて゜ある。

劇場の売店の子と裕福な商家に生まれた慶應義塾卒という対照的な両者は、

看板役者、大劇場をめぐって数十年のあいだ、しのぎを削る。

それが現在の松竹による歌舞伎の独占、阪急グループの東宝、宝塚の繁栄につながっていく―。

膨大な資料を読み解いて描き出した、新たな演劇史。

中側右介著
972円 光文社

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

★「バルパライソの長い坂をくだる話」(第62回岸田國士戯曲賞受賞作)

「日本語を、日本語で行なわれる演劇を、拓いたものにできる人の一人である」――岡田利規

「『中心』から逃れる土地の把握の方法にまた異なる演劇の可能性がある」――宮沢章夫

と評された。(選評より)

「ポスト移民演劇」三部作、一挙収録

神里 雄大著
2,160円 白水社

----------------------------------------------------------------------------------

「あたらしいエクスプロージョン」(第62回岸田國士戯曲賞受賞作)

ときは終戦直後。カメラもなければ、フィルムもない。

それでも「邦画史上初のキスシーン」を撮るべく奮闘する映画人の物語。

「登場人物の言葉を

「信じて、信じて」と言われてるような窮屈さを感じ続けた候補作の果てに読んだこの作品は、

言葉など「信じなくていい」と言われているような安堵感を感じさせてくれた」

平田オリザ (選評より)

福原 充則著
2160円 白水社

----------------------------------------------------------------------------------

★ケラリーノ・サンドロヴィッチ「百年の秘密/あれから」

十二歳の冬に、その後の人生を大きく狂わせるある秘密を共有した少女ニチカとミラ。

彼女たちの奇妙な友情を軸に、一族の栄枯盛衰を点描する一大クロニクル「百年の秘密」。

その十数年後を描いた「あれから」。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ著
1620円 早川書房

----------------------------------------------------------------------------------

★レーモン・ルーセル「額の星/無数の太陽」

不世出のシュール・レアリスト、レーモン・ルーセルの戯曲集。

ひとつの単語をそれとよく似た発音の別の単語に置き換えセリフを編み上げていく。

当然意味は分からない。

しかし、「手術台の上でミシンとコーモリ傘が出会う」といわれる、

シュールレアリスムならではの驚きと、斬新さと、幻想性は極まっている。

同じ手法で書かれた小説「アフリカの印象」はさらに過激。

レーモン・ルーセル著/國分敏宏・新島進訳
1600円+税 平凡社
同著「アフリカの印象」岡谷公二訳
2503円 平凡社
--------------------------------------------------------------------------------

★「新訳ベケット戯曲全集1[ゴドーを待ちながら/エンドゲーム]」

不条理の代名詞とも言える「ゴドーを待ちながら」の新訳が登場。

ゴドーとは誰か。なぜ待っているのか。

読みやすく、分かりやすい日本語で、0年代の感性に刷新。

サミュエル・ベケット 著/岡室 美奈子 訳
2018/02/23発売 定価本体3,000円+税


--------------------------------------------------------------------------------

★「日本演劇現在形 時代を映す作家が語る、演劇的想像力のいま」

3・11を契機にさらに変容する日本の現代演劇。

いま社会に対して演劇は何を語るのか。演劇の現在と表現の可能性を問い直す対話集。

海外でも活躍する気鋭の演劇批評家・岩城京子が聞き手となり、演劇論のみならず、

社会、文化、政治などの多角的な観点から、チェルフィッチュ以降の80年代生まれの

作家たちの想像力を説きあかしていく。

岩城 京子/藤田 貴大/三浦 直之/木ノ下 裕一/神里 雄大/市原 佐都子ほか著

岩城 京子/藤田 貴大/三浦 直之/木ノ下 裕一/神里 雄大/市原 佐都子ほか著
フィルムアート社 2018/2/1発売 2376円



★『深津繁史コレクション T・U・V』発売

劇作家・深津繁史の戯曲集「深津繁史コレクション T・U・V」(松本工房)が発売された。

深津は、1967年生まれ、同志社大学修士課程修了後、1992年に劇団「桃園会」を旗揚げ、

98年「うちやまつり」で第42回岸田戯曲賞を受賞した。

2014年肺小細胞癌のため惜しまれつつ逝去した。

透徹したまなざしで、緊迫した空気の中に、生と死のリアリズム、自己と他者の実在と不在を追求した。

本書には、その成果のほぼすべてが収録されている。

定価、T・3,000円 U・2,800円 V・2,500円。全国書店で発売中。



 もどる