news

■第六十三回岸田國士戯曲賞の候補作が決まった。

候補作は以下の通り。

坂元裕二『またここか』(リトルモア刊)
詩森ろば『アトムが来た日』(上演台本)
瀬戸山美咲『わたし、と戦争』(上演台本)
根本宗子『愛犬ポリーの死、そして家族の話』(上演台本)
古川日出男『ローマ帝国の三島由紀夫』(『新潮』2018年10月号掲載)
松原俊太郎『山山』(『悲劇喜劇』2018年7月号掲載)
松村翔子『反復と循環に付随するぼんやりの冒険』(上演台本)
山田百次『郷愁の丘ロマントピア』(上演台本)

選考委員は、岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、平田オリザ、宮沢章夫、柳美里の各氏

選考会は、2019年3月12日・火曜日、午後6時30分より東京神保町・學士會館にて。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
■演劇雑誌「シアターガイド」休刊

演劇雑誌「シアターガイド」が、経営不振のため、12月号をもって、休刊した。これにともない、HP「演劇ポータルサイト シアターガイド ホームページ」も、

運営を停止した。「シアターガイド」は、1992年の創刊以来、演劇情報の発信を通じ、劇界の活性化に努めてきたが、書籍・雑誌売れ行き低下という、

出版業界全般にわたる不況の波に抗いきれなかったということだろう。

これで主な演劇雑誌は、「悲劇喜劇」、「テアトロ」の二冊になった。
------------------------------------------------------------------------------------------------
■角替和枝さん 逝去

女優にして、俳優柄本明氏の妻でもあった、角替和枝さんが、2019年10月27日、がんで亡くなった。64才だった。

高校卒業後、静岡から上京し演劇に手を染める。つかこうへい事務所を経て、東京乾電池に所属、

名バイプレイヤーとして、舞台、映画、テレビと幅広く活躍していた。

息子は俳優の柄本佑、柄本時生。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■東松山戯曲賞が応募開始

埼玉県東松山市が、「〜平成家族物語〜舞台芸術によるまちづくりプロジェクト第1弾」として、

「東松山戯曲賞」を発足、第一回の応募作を募集している。

募集するのは、「大都市周辺の街」「家族」「希望」の3つをテーマをもうけた、日本語による未発表、未上演の戯曲。

要項は以下の通り、

◆一人一作品。

◆ 年齢、性別、国籍等は一切問わず。

◆ 他の戯曲・小説・映画などから引用した場合は、その作品名を明記。

◆ 出版権に関して、1年間は主催者に帰属し ます。

◆「作品の概要、あらすじ」を800字以内にまとめて、応募作品に添付すること。

◆戯曲(3部)
 400字詰め原稿用紙(縦書、 A4サイズ)で、150枚以内。
 パソコン原稿の場合は、 A4サイズに20字 ×20行(縦書)で150枚以内。
 読みにくい漢字には必ずルビを付ける。
 原稿はとじ、本文には左下にページ番号を入れる。

◆プロフィール(1部)
 氏名(ペンネームの方は本名も)、住所、電話番号、e-mailアドレス、生年月日(年齢)。

◆作品は送付又は持参。

◆ 応募受付期間
 平成30年5月1日から平成30年8月31日まで。
◆賞金
 優秀作(1篇)賞金50万円
 
◆ 応募先
 〒355-0017
 埼玉県東松山市松葉町1-2-3 総合会館1 階
 公益財団法人東松山文化まちづくり公社
 平成家族物語事務局

詳しくは同賞のホームページで
http://www.pac.or.jp/hfs_bosyuyoukou.html

-------------------------------------------------------------------------------------------------
 もどる