news


■角替和枝さん 逝去

女優にして、俳優柄本明氏の妻でもあった、角替和枝さんが、2019年10月27日、がんで亡くなった。64才だった。

高校卒業後、静岡から上京し演劇に手を染める。つかこうへい事務所を経て、東京乾電池に所属、

名バイプレイヤーとして、舞台、映画、テレビと幅広く活躍していた。

息子は俳優の柄本佑、柄本時生。


■東松山戯曲賞が応募開始

埼玉県東松山市が、「〜平成家族物語〜舞台芸術によるまちづくりプロジェクト第1弾」として、

「東松山戯曲賞」を発足、第一回の応募作を募集している。

募集するのは、「大都市周辺の街」「家族」「希望」の3つをテーマをもうけた、日本語による未発表、未上演の戯曲。

要項は以下の通り、

◆一人一作品。

◆ 年齢、性別、国籍等は一切問わず。

◆ 他の戯曲・小説・映画などから引用した場合は、その作品名を明記。

◆ 出版権に関して、1年間は主催者に帰属し ます。

◆「作品の概要、あらすじ」を800字以内にまとめて、応募作品に添付すること。

◆戯曲(3部)
 400字詰め原稿用紙(縦書、 A4サイズ)で、150枚以内。
 パソコン原稿の場合は、 A4サイズに20字 ×20行(縦書)で150枚以内。
 読みにくい漢字には必ずルビを付ける。
 原稿はとじ、本文には左下にページ番号を入れる。

◆プロフィール(1部)
 氏名(ペンネームの方は本名も)、住所、電話番号、e-mailアドレス、生年月日(年齢)。

◆作品は送付又は持参。

◆ 応募受付期間
 平成30年5月1日から平成30年8月31日まで。
◆賞金
 優秀作(1篇)賞金50万円
 
◆ 応募先
 〒355-0017
 埼玉県東松山市松葉町1-2-3 総合会館1 階
 公益財団法人東松山文化まちづくり公社
 平成家族物語事務局

詳しくは同賞のホームページで
http://www.pac.or.jp/hfs_bosyuyoukou.html

-------------------------------------------------------------------------------------------------


第62回岸田國士戯曲賞の選評が、白水社のホームページに掲載される

審査員は、岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、平田オリザ、宮沢章夫。

受賞作、神里雄大「バルパライソの長い坂をくだる話」および福原充則「あたらしいエクスプロージョン」、

を含めた最終候補作へのコメントを述べている。が、実は作品を語るそれぞれの委員が持つ、

候補劇作家のへ距離と親和と嫌悪の感覚が、選評のもう一つの楽しみであるのを忘れてはならないだろう。

白水社 https://www.hakusuisha.co.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------------

青年団監修「戯曲アカデミア」 受講生募集

演劇界をリードする平田オリザと、その教え子でもある岸田戯曲賞作家・松井周が、戯曲の構造を紐解き、

上演作品を立ち上げるまでを徹底指導。

講義形式の座学のほか、後半では少人数制のグループをつくり、

戯曲を上演するのに必要な“伝える力”を磨きながら、

最後には自分たちで書き上げた小作品を発表上演します。

開講スケジュールは、第1回が6月23日、第2回が7月7日、第3回が8月11日、第4回が9月15日、

第5回が10月20日、第6回が11月10日、第7回が12月2日に行われ、

12月8日に発表が行われる。定員は20名、応募者多数の場合は書類選考あり。定員20名

参加費 一般20000円 30歳以下10000円 しめきり5月22日
問い合わせ 三重県文化会館 059-233-1100

-------------------------------------------------------------------------------------------

第61回岸田國士戯曲賞決まる

2018年2月16日、東京神田錦町・學士會館にて第62回岸田國士戯曲賞の選考会が行なわれ、

『バルパライソの長い坂をくだる話』神里雄大

『あたらしいエクスプロージョン』福原充則

のW受賞となった。
神里雄大氏は、1982年生まれ、早稲田大学第一文学部卒。岡崎藝術座(主宰、作家、演出家)
『(飲めない人のための)ブラックコーヒー』『+51 アビアシオン, サンボルハ』などの作がある。
福原充則氏は、1975年生まれ、東京工芸大学芸術学部卒。ピチチ5(主宰、劇作家、演出家)、
ベッド&メイキングス(劇作家、演出家)。
正賞は時計、副賞は賞金20万円。
授賞式は4月16日、午後6時より東京神楽坂・日本出版クラブ会館にて行なわれる。




 もどる