news


 もどる


●第61回岸田國生戯曲賞決が決まった

二月二十七日、第61回岸田戯曲賞が決まった。

受賞作は

◆『来てけつかるべき新世界』 上田誠

上田氏は、1979年京都府生まれ。同志社大学工学部中退。劇団ヨーロッパ企画代表の劇作家、演出家。

強烈な「笑い」を繰り出し、あるドラマのようなものが成立しかかると観客に思わせながらも、ナンセンスな笑いの方へ引き戻し、

笑いだけが満ちた空っぽな世界を見事に構築する作風。

主な作品に、『サマータイムマシン・ブルース』や『曲がれ!スプーン』などがあり、アニメ『夜は短し歩けよ乙女』

の脚本も担当している。

・今回の候補作家およびノミネート作品は以下の通り。
 市原佐都子『毛美子不毛話』(上演台本)
 上田誠『来てけつかるべき新世界』(上演台本)
 長田育恵『SOETSU  −韓くにの白き太陽−』(上演台本)
 オノマリコ『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』(上演台本) オノマリコのいくつかの作品はこちら
 瀬戸山美咲『埒もなく汚れなく』(上演台本)
 林慎一郎『PORTAL』(上演台本)
 平塚直隆『ここはカナダじゃない』(上演台本)
 山縣太一『ドッグマンノーライフ』(上演台本)



●第23回OMS戯曲賞決まる

関西の劇作家にとっての登竜門である、OMS戯曲賞が12月6日に決まった。

大賞が福谷圭祐(匿名劇壇)の「悪い癖」、佳作が橋本健司(KOINU)の「また夜が来る」だ。

「悪い癖」は、レイプのPTSDから立ち直れず、部屋に引きこもってだらしのない生活を続ける女性

の姿を、苦いユーモアをまじえながら描いた作。

一方「また夜が来る」は、祖母の枕辺で、少女時代の祖母を思い、

時間と空間を越境して夢見る詩的な幻想劇。

二作は、三月発売予定の戯曲集「OMS戯曲賞」(大阪ガスビジネスクリエイト株式会社刊TEL:06-6446-4320)に掲載される。




●イベント情報

「維新派」を牽引してきた松本雄吉の数々の作品が、映像で公開される。

6月に逝去した松本は、「ジァンジァン・オペラ」なる独特の表現方法で、内外の耳目を集めた。

その偉業を再確認するに絶好の機会だろう。

東京 11月25日(金)〜12月4日(日) 於・渋谷「ポスターハリス・ギャラリー」

名古屋 12月3日(土)〜12月9日(金) 於・千種区「名古屋シネマテーク」




●公演情報

「君ヲ泣ク」 樋口ミユ作・演出 アートグラウンドcocoromi

子供のころ夢見た未来と、現実の未来とのズレを描く。

三人姉妹とその弟の一家の物語。

近い未来、日本は戦争に突入するだろう。きっと男たちはふたたび銃を手にするだろう。

その時三人姉妹はどう生きるのだろうか。

この戯曲はこちらで読めます。




●オフィス3○○公演情報 渡辺流演劇講座発表会『深夜特急 目ざめれば別の国』

誰かが幸せになるため、少数の誰かが犠牲になっていく。自死した「北斗」という少年の

胸の苦しくなるような思いを伝える、残酷で哀しい童話。

作・監修 渡辺えり  演出 吉田侑生  9月21日〜25日 荻窪小劇場。


この戯曲はこちらで読めます



●『夜の子供 2』伊丹AI・HALLで上演

時代を画した傑作戯曲を、「現代演劇レトロスペクティブ」と名付けて連続公演する自主企画で、

伊丹市AI・HALLは、劇作家・生田萬の『夜の子供2』を上演する。

同作は、漫画作家のヤスベーが、「そうなればよかったのにそうはならなかったこと」

「ああしとけばよかったのにかなわなかったこと」を回想しながら漫画の中で

繰り返し体験しなおす哀しみと切なさとレトロ感覚にあふれた作品。

『夜の子供2』作・演出・生田萬 9月15日(木)19:00 9月16日(金)19:00
9月17日(土)14:00/19:00 9月18日(日)14:00  9月19日(月・祝)14:00
於:伊丹市AI・HALL この戯曲はこちらで読めます




●『深津繁史コレクション T・U・V』発売

劇作家・深津繁史の戯曲集「深津繁史コレクション T・U・V」(松本工房)が発売された。

深津は、1967年生まれ、同志社大学修士課程修了後、1992年に劇団「桃園会」を旗揚げ、

98年「うちやまつり」で第42回岸田戯曲賞を受賞した。

2014年肺小細胞癌のため惜しまれつつ逝去した。

透徹したまなざしで、緊迫した空気の中に、生と死のリアリズム、自己と他者の実在と不在を追求した。

本書には、その成果のほぼすべてが収録されている。定価、T・3,000円 U・2,800円 V・2,500円。全国書店で発売中。



●『つかこうへい正伝』が、第38回講談社ノンフィクション賞を受賞

長谷川康夫著『つかこうへい正伝』が、第38回講談社ノンフィクション賞を受賞しました。

同賞は、講談社が主催する、ノンフィクションを対象にした文学賞で、

過去の受賞者に辺見庸、佐野眞一、沢木耕太郎、森達也、高野秀行らがいます。

『つかこうへい正伝』(新潮社刊)は、「つかこうへい事務所」時代のつかの評伝で、

にわかには信じがたいような彼の言動と、卓越した表現に隠された創作秘話とを、

原稿アシスタントとして常に傍らにいた長谷川が克明に綴った労作。

ATCT演劇評論賞、新田次郎賞に続き、トリプル受賞となりました。




●「絶対飛行機」公演のお知らせ

第7回北京南鑼鼓巷演劇祭参加(第4回中国民間独立劇場フォーラム作品)

構成・演出 佐藤信『終着駅/ここからは歩いて』−『絶対飛行機』より(中国語上演)

2016年7月18日(月)19日(火) 蓬蒿劇場(北京)

    中国独立系演劇人との協働作品

    過去四年間のフィジカルシアター・ワークショップの蓄積を踏まえて

    問いかけのテキスト『絶対飛行機』に挑む

戯曲「絶対飛行機」は佐藤信のページで読めます。

●次回アップ予定作「亡国のダンサー」のお知らせ

劇団黒テント第76回公演  作・演出 佐藤信『亡国のダンサー』 2017年3月予定



●「ただの自転車屋」地方公演のお知らせ

北村想作「ただの自転車屋」の東京公演は終了しましたが、東北北海道などの地方公演があります。

詳しくはここから日程表をダウンロードして下さい。

戯曲「ただの自転車屋」は北村想のページで読めます。



●訃報

劇団「維新派」の主宰・松本雄古(まつもと ゆうきち)さんが、本年6月18日に逝去されました。享年69歳。劇作家─演出家。1946年10月10日、熊

本県天草生まれ、大阪教育大学で美術を専攻。1970年日本維新派を結成(1987年推新派に改名)。1991年。東京・汐留コンテナヤードでの巨大

野外公演「少年街」より、独自のスタイル「ヂャンヂャン☆オペラ」を確立する。野外にこだわり、公演のたびごとに特設劇場を建設し、観客とともに時空

を超えた旅をする「漂流」シリ−ズを企画。奈良・室生、岡山の離島─犬島などで公演を行う。代表作に、犬島の銅精錬所敷地内に劇場を建てた『カン

カラ』、など。2000年に初めての海外公演をオーストラリア・アデレードフェスイバルで上演する。大阪府舞台芸術賞、第2回大阪府朝日芸術賞、第11

回読売演劇大賞演出家部門優秀賞、など受賞も多数。蜷川幸雄とならぶ天才演出家を、日本はまた失ったと痛感せざるをえません。